ピルクル花粉症

 

ピルクル花粉症に効果あるけど注意が必要だった!

ピルクル花粉症に効果あるけど注意が必要だった!

ピルクル花粉症対策に飲む人が急激に増えています

 

2016年の健康キーワードは、乳酸菌ですからね
乳酸菌飲料である、ピルクルに注目が集まるのは理解できます
腸活という言葉も新しく生まれて、腸内環境を整えると言う事が海外セレブの間でも注目されて
日本では以前から、カスピ海ヨーグルトや乳酸菌に関する健康トレンドはありましたが
2016年、さらに勢いをまして広がりそうです。

 

乳酸菌を摂取するといえば、ぱっと思いつくのはヨーグルトやヤクルト、カルピスですよね
その中でも、何故ピルクルが花粉症対策に言いといわれているのでしょうか?

 

その理由は・・・


生きた乳酸菌のカゼイ菌が凄い!

ピルクルの特徴は、商品パッケージにも記載してありますが
生きた乳酸菌Lガゼイ金(NY1301株)が関係しています

 

生きたまま腸に届く、この単語良く聞きますよね
乳酸菌って数多くあるけど、生きたまま腸まで届いてしっかりと腸内環境を整えてくれる働きをする菌って少ないんです

 

ピルクルのガゼイ菌は菌の形状が棒状(筒状)で、生きたまま腸まで届き、腸内の環境を改善していくことによって、おなかを良い状態に保つことができます。

 

NY1301と言う表記がありますが、これは販売元である日清ヨーク株式会社の管理番号みたいです

 

ガゼイ菌の花粉症にたいする効果

ガゼイ菌が花粉症改善にどのような役割をするのかと言うと
乳酸菌の主な働きである、整腸作用のほかに免疫力が向上すると言う研究結果が発表されました
免疫力が向上することで花粉症症状が緩和したり、感染症にかかるリスクが軽減したり、
アレルギーへの耐性が向上したり、発ガンリスクが軽減したりと体にいい影響がたくさんあります

 

乳酸菌が体にいいというのは、昔から言われていましたが
2015年急激に乳酸菌のすばらしさが広がってきています

 

食品、飲料メーカーだけではなくて、健康食品やサプリメントも数多く発売が開始されています
ガゼイ菌とともに注目されている乳酸菌といえば、ガネデン乳酸菌です。
こちらの乳酸菌も世界では既に知られていて有名な菌でしたが
最近になって日本でも取り扱っている商品が出てきました
ガネデン乳酸菌を含んだスマートガネデン乳酸菌は、ガネデン乳酸菌のほかにもたくさんの乳酸菌を摂取できるし
粉タイプなので、そのまま水やお湯で飲んでもいいですが、ヨーグルトなどにかけて食べてもOKです
粉タイプのメリットとしては、カロリーが少ない事です(カーブス

ピルクルのカロリーが異常だった

ピルクルに含まれるガゼイ菌が花粉症対策にいいならと、ガブガブ飲んでしまう人も現れると思います
ちなみに、私の会社の隣の席の人が、まさにピルクルをお昼に買って飲んでいたのでこのサイトを作りました

 

ピルクルのカロリーってご存知ですか?
紙パック500mlのピルクルのカロリーは335kcal

 

ちなみに100mlあたりのカロリーを他の代表的な飲料と比較してみました
ピルクル67kcal
ファンタ49kcal
ポカリスエット43kcal
コーラ43kcal
缶コーヒー(加糖)38kcal
果汁100%ジュース23kcal

 

ピルクル圧倒的ですね、ダイエット中に花粉症対策としてピルクルは危険が大きすぎです

 

ピルクルは1日65mlしか飲んじゃだめ

 

ピルクルのパッケージの裏面を見るとさらに驚きの事実があります
それは、ピルクル1日の摂取目安量が65mlだっていう事です

 

500mlのパッケージ商品をコンビニで売っているのに65mlしか飲んじゃいけないの!?
これには、驚きです
普通に考えたら、1本全部飲んでしまいますよね

 

ヤクルトがあんなに小さい理由は、ここにあるのかもしれません
と言っても、ヤクルト好きだけどあの大きさで物足りないという人がピルクルを選んでいるという状況もありますので
難しいところですね

アトピーと乳酸菌

今、インフルエンザの感染がわかると学校に出席することが5日間できなくなります。インフルエンザに感染したとしても、発熱は数日で治まるので、登校する意欲がわいてしまうかもしれません。熱が下がったあとでもくしゃみなどにウィルスはまだ潜んでおり、第三者にうつしてしまう可能性があります。

 

ですから、出席停止の期間は家にいることが感染を防ぐのに必要なことです。

 

乳酸菌を毎日摂取しているおかげで、たいへん健康になってきました。

 

毎朝の朝食には欠かさず、ヨーグルトを摂取するようにしています。ヨーグルトというのは味にも変化をつけやすいですし、便秘をせずに過ごせます。
乳酸菌を毎日摂るようにしてから、お肌の調子がすごく良くなって、体重まで落とすことができました。

 

 

もし、赤ちゃんがインフルエンザを発病したら、最も大変なことにすすんでいきます。

 

 

まだ体力不足の赤ちゃんですから、インフルエンザがおこす高い熱に体が耐えうるのかが心配ですし、そうなると命を失うことも無きにしも非ずでしょう。

 

 

インフルエンザが広がっている時には、連れて出ない方が打倒かもしれません。普段より屁の臭気に悩んでいる方は乳酸菌が有効です。
屁の臭いの元は腸内の悪玉菌にあるとされているのです。ですから、お腹の中の善玉菌を増加させ、悪玉菌の増加を防止する効果があるといわれている乳酸菌を継続して摂取ことによりおならの臭いを相当、減らせます。

 

最近、インフルエンザに罹らないようにするために乳酸菌が効くといわれています。約1年前に、番組で小学生に乳酸菌が多く含まれているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザになる児童の数が大きく減ったという番組がありました。私の子供が受験生でしたので、それから、ずっとヨーグルトを食べさせています。

 

 

乳酸菌が腸までたどり着くタイプのヨーグルトが断然いいそうです。肌の調子がよくなると聞いて、実際、ヨーグルト同様に味噌や納豆なども乳酸菌を含む食べ物なんだそうです。摂取は乳製品からだけしかできないと思っていました。何となくちょっと照れくさいです。

 

アトピーは乳酸菌の性質により、改善できることもあるといいます。

 

腸内に進入したアレルギーの原因物質には、IgEという抗体が出来る性質があります。

 

 

そしてこのIgEという抗体がたくさんの数、発生してしまうことにより、過剰反応が発生してしまって、アレルギーが起こってしまうのです。これがアトピーの原因だとされているのですが、乳酸菌には大量にIgEが発生することを阻む働きがあるとされています。

 

アトピーだと大変に耐え難い症状が出ます。

 

 

 

季節を問わず一年中痒みとの根くらべになります。夏は汗のせいでかゆみが増し、冬は乾燥でかゆみが増大します。その上、食べ物にもアレルギーがあることも多く、間違って食べてしまうと、かゆみだけの問題で収まらず腫れたり、呼吸が困難になってしまうこともあります。

 

 

 

私が便秘になったのはなぜかというと、日頃の運動が足りないせいでしょう。毎日の通勤手段も車なので、ほとんど歩く事もありません。

 

飼い犬などもいないので、散歩にも行きません。

 

そのような生活のせいで、私は便秘がちなのではないでしょうか。

 

でも便秘を少しでも軽くするため、ウォーキングをすることにしました。ここ最近は年ごとに冬になればインフルエンザが大流行しています。

 

 

年々予防注射をする人数も増えてきているようですが、都市部ではとても多くの人がかかているのが現状です。

 

いくつも感染経路は可能性がありますが、電車やタクシー、街での人込み、職場など、大人数と触れる場所で感染している可能性が考えられます。
乳酸菌サプリ人気ランキング